名大新潮流【番外編】名大経済学部生松田さんが中日ドラゴンズの育成選手に!!

「名大グリーン」の松田から、「ドラゴンズブルー」の松田へ!

 

プロ野球育成ドラフト1位で指名され、中日ドラゴンズに進む名大経済学部四年の松田亘哲さんに、プロ野球を目指したきっかけや意気込みを直撃。野球に対する熱い思いを聞いた。

 

「野球が好き、野球がしたい、後悔したくない」、だから、プロの道へ。

 

最速148キロの左腕は、小中学校ではクラブチームで軟式野球をしていたが、高校時代はバレーボール部に所属。それでも、「高校3年の秋、プロ野球を見ていて白球への想いが再燃。大学で野球を、それも硬式で!」と。この時から、名古屋大学への進学志望に加えて、「名古屋大学硬式野球部入部」が、もう一つの目標になった。

そして、名大現役入学をクリア。硬式野球部の門戸をたたくと、高校で野球をやっていなかったことなどで怪訝な雰囲気もあったが、断られなかったことで、これも果たした!これで、思い描いた硬式野球を続けられることになった。

入部してまず取り組んだのが体づくり。ウエート・トレーニングなどの努力が徐々に実を結び、120キロ台だった球速は、硬式ボールを握って1年足らずで140キロを計測するまでに成長。彼自身も、「もっとやればもっとできる。もっと上を目指したい。自分を信じてみたくなった」と、大学卒業後も野球を続けたいとの夢を持ち始め、ついにプロ野球でプレーするチャンスを勝ち取ったのだ。

 

野球が好き。だから、シンプル思考で退路を断つ。

 

座右の銘は「シンプルに考える」だ。ドラフトで指名されなかったら、独立リーグへの道を迷わず選んだという。「就職活動はしない。卒業はする。野球ができればどこでもいい。後悔だけはしたくない」と、いたってシンプルな理由で退路を断ち、プロ野球ドラフト会議を待った。

名大経済学部進学を選んだのもシンプルな動機だ。大学はもともと文系志望で数学が得意であったことに加え、硬式野球部があり愛知大学リーグに所属していることだった。野球部に入部して4年、先日行われた愛知大学リーグの2部、3部入れ替え戦では2試合で完投勝ち。彼の野球への情熱が名大を2部に昇格させると同時に、彼自身の学生野球を有終の美で飾らせた原点といえるだろう。

彼は今、1月のドラゴンズ寮への入寮に向け、体作りと卒論制作とを並行して進めている。名大野球部の練習メニューは部員に一任され、個々が課題に向き合い目標を一つひとつクリアしていく方針を取っているが、野球も研究も同じだという。

専攻は西洋経済史で卒論のテーマは「ナチスドイツの雇用創出政策」。福澤先生の指導のもと、第1次世界大戦後のナチスドイツが台頭した背景を雇用と軍需、経済の関係について研究した成果をまとめ上げている。

 

プロフィール

松田亘哲(まつだ・ひろあき)1997年5月16日、愛知県岩倉市生まれ。小学校1年から中学までは野球に打ち込む。高校時代はバレー部でリベロ。名大入学とともに硬式野球部へ。ポジションは投手で最速は148キロ。176センチ、80キロ。左投げ左打ち。伊勢名物「赤福」と唐揚げが好物。趣味は意外にもインドア派。

 

取材を終えて

黒縁メガネとニコニコ笑顔が人を惹きつける。ドラフトで指名されなかったら?と聞くと、「卒業します。独立リーグに進みます」と、きっぱり。「何事も天秤にかけたくない。野球だけに専念する」という。今、やるべきことは何か?とシンプル考える彼なら、プロの厳しい世界を勝ち抜いていくに違いないと、思わせてくれた。一軍での登板を待っています。